So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「110」は「6」!? [ためになる]

はーい、みなさんこんにちは[晴れ]
実験大好きてんちゃんです。


2019年もはじまり10日が経ちました。
今日は1月10日ですね。

ミニ実験も盛り上がっております。

PHTre0011.jpg



1月10日
……
……
数字を並べると、110 → 「ひゃくとうばん?」


「僕なら、数字の6を連想するかな。」


[exclamation&question]
[exclamation×2] これはこれはサイエンスバトラー数字の星代表の『増元 式』
さん。

PHTre0009.jpg

サイエンスバトラーについてはこちら
http://www.sonyexplorascience.jp/event/live.html#sciencebattler



[exclamation&question]
「110」が「6」?

……
……
おーなるほど[exclamation]
2進法ですね。さすがです。




今日は、2進法のお話をしちゃいましょうかね。


みなさん、2進法はご存知でしょうか?

普段、私たちが使っている数の数え方は10進法と呼ばれています。

10 (1が10個集まった数)
100 (10が10個集まった数)
1000 (100が10個集まった数)
・・・
というようにそれそれの数が10個集まるごとに桁の数が増えていきます。


同じように考えると、2進法の数の数え方では、それそれの数が2個集まるごとに桁の数が増えていきます。

(10進法)  (2進法)
  1         1        
  2        10   (1が2個集まった数)
  3        11
  4       100   (2が2個集まった数)
  5       101
  6       110
  7       111
  8      1000   (4が2個集まった数)
  ・・・

法則性がみえてきたでしょうか。
2進法では、“1” と “0” の組み合わせで数を表します。
「110」がちゃんと「6」になっていますね。
なんか不思議な数の数え方に感じます。


実はこの2進法、私たちの身近にあるものたちには欠かせないものなんです。
それは、「デジタルの世界」です。
当館にもたくさんのデジタル機器があります。

PHTre0007.jpgPHTre0001.jpg

私たちが使っているコンピューターは、“電流が流れている” か “流れていないか” しか判断することができません。
そのため、テレビやパソコン、デジタルカメラなどの文字、画像、音楽などのデータは機械の内部で “1” と “0” の組み合わせで置き換えられ、表示や保存などを行っているのです。

“電流が流れている” → “1”
“電流が流れていない” → “0”


簡単な例をあげてみましょう。

テレビの画面は、赤、緑、青の3色のライトを使って様々な色を作り出しています。

PHTre0010.jpg
テレビの画面を拡大するとこんな感じ!


これらのライトが “ついている” か “ついていないか” を “1” と “0” で表したとします。

赤ライトだけがついているのを → 001 (10進法では1)
緑ライトだけがついているのを → 010 (10進法では2)
青ライトだけがついているのを → 100 (10進法では4)

としましょう。

すると、

(10進法)  (2進法)
  0       000 → 黒
  1       001 → 赤       
  2       010 → 緑    
  3       011 → 黄色 (赤+緑)
  4       100 → 青  
  5       101 → マゼンタ (赤+青)
  6       110 → シアン (緑+青)
  7       111 → 白 (赤+緑+青)

のように8つの組み合わせ、8色を表現することができます。

PHTre0006.jpg

実際はそれぞれのライトの光の強さも変えることでさらに多くの “1” と “0” の組み合わせからより多くの色を再現しています。

PHTre0000.jpg


また、“黒いマス” を “1” 、“白いマス” を “0” とすると、QRコードも2進法で処理することができます。

PHTre0002.jpg
(写真は「サイバーコード」です。)
当館のコンテンツについてはこちら
http://www.sonyexplorascience.jp/contents/sound.html#cybercode




デジタルの世界は、 “1” と “0” の世界なんです。
数字[1][2][3]も身近に役に立っているんですね。


どうですか?数字と科学がつながっていることを感じてもらえたでしょうか?




以上、
数字も大好きてんちゃんでした。


2019-01-10 12:59  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]